【裏技】フリクションで刺繍図案を写すときの注意点

刺繍道具

こんにちは、刺繍作家のマユコです。

みなさん、
「フリクションで図案が写せるらしい」という噂がささやかれているのをご存じですか…?

そう、実はあの消えるペン「フリクション」で、
図案が写せてしまうんです。

いろんな道具をそろえずにフリクションだけで写せてしまったらとっても楽ですよね!

ただし、フリクションはあくまで文房具。
布用に作られたペンではありません

今回はこのインクの性質とおすすめの使い方について書いていきます。

それではスタート!

フリクションについて


大ヒットのペンシリーズであるフリクション。
パイロット社の製品で、こするとインクが消えることが特徴です。

フリクションインキは65度以上で消色し、復色させるためにはマイナス20度まで冷やす必要があります。このフリクションインキを使用したものが現在発売されているフリクションボールシリーズなのです。

開発者に聞く、インキの仕組み

65度以上で消色するということは、
アイロンをかけると消えるわけですね。

なので、フリクションで図案を書いて最後にアイロンをかけると、
図案がきれいに消えるということになります。

通常刺繍の図案を写すときに使うチャコペーパーやチャコペンは、
アイロンをかけると色が定着してしまって後から落とすことが困難になります。

しかしフリクションはその逆!
アイロンをかけると消えるなんて、
文具としても非常に画期的なインクですが、布に使う時にもとても画期的です!

とくにサインペンタイプの商品は布にはっきり書くことができ、
すごく使いやすいです。

パイロット/PILOT フリクションカラーズ 単色 【SFC-10M】 カラーペン FRIXION 【取寄せ商品:出荷まで2-3日】

価格:74円
(2020/7/26 00:08時点)

フリクションで布に書くときの注意点

布に使ってもとても便利なフリクションですが、
注意点が二点あります。

まずは、「復色させるためにはマイナス20度まで冷やす必要があります」とあるとおり、
零下になると色が復活してしまうこと。

熱するとインクは消えるのではなく透明になる仕組みであり、
零下になると復色してしまうのです。

なので、寒冷地に住んでいる方で、
作品を零下で保管するかもしれないという方にはおすすめできません


もう一点は、
熱するとインクは消えるのではなく透明になる仕組みであるということ。

あまり知られていませんが、
濃いめの色の生地にフリクションで下書きをすると跡残りすることがあります。

上の写真はグレーのフリクションで書いてアイロンをかけたあとです。
線の部分が白く残っているのがわかります。
(こんなにはっきり白く出ると思わずびっくりしました)

完璧に消せるわけではないので、
その仕上がりを求めている方は注意が必要です。

また、使うときにはかならず初めに試すことをおすすめします。

おすすめの使い方

・裁断のときの目印に使う

布を切るときの下書きならば、
跡が残っても復色しても実際の作品には影響がありません。

布用ペンよりもはっきりサッと書けるので重宝しています。


・糸で隠れてしまう部分に使う

このバラの刺繍のように、
図案のインクを上から糸ですべて覆ってしまうような刺繍の場合、
仮にインクが残っても作品には影響ありません。

完成後、下書きが完全に覆われるような図案ならば、
こちらもはっきり見えておすすめです。


・細かいことは気にしない
多少跡が残っても気にしないよ!という方は、
もうバンバン使ってください笑

実際の写し方はこちらで説明しています。
【簡単】刺繍図案の写し方【チャコペン・フリクション使用】

まとめ

いかがでしたか?

はっきり書けてアイロンでさっと消えるフリクション。
布に使ってもすごく便利です。

しかし、くり返しになりますが、
フリクションは布用ではありません。

インクの特性を理解し、
上手に活用していきましょうね!



こちらで以前フリクションについてサッと触れました。
フリクション以外の図案を写すための道具も網羅しているので、
気になる方はどうぞ!
刺繍の図案を布に写す4つの道具【図案が消えなくなった経験のある方必見】

コメント

  1. […] 図案を写すときに使用するペンとして一番おすすめなのは、マーカータイプのチャコペンです。はっきりと書くことができ、水で消える・もしくは時間経過で消えるという特性があるので、指示通りにすればきれいに消えます。フリクションを使う時には注意点がありますので、こちらをご一読いただいてからの使用をおすすめします。【裏技】フリクションで刺繍図案を写すときの注意点 […]

  2. […] 固定出来たらチャコペンやフリクションで写していきます。フリクションを使う際には注意点がございますので、こちら一読して、お使いになるか検討してからお願いしますね!【裏技】フリクションで刺繍図案を写すときの注意点 […]

  3. […] 透けない…!!!これは由々しき事態。下に光源が無いので透かすことができません。そこで今回は、本の状態からどうやって図案を透かすかをご紹介いたします。ちなみに!フリクションを使われる場合には注意点がございますので、こちらご一読くださいね。【裏技】フリクションで刺繍図案を写すときの注意点 […]

タイトルとURLをコピーしました