ストレートステッチ1本だけ刺したい時の刺し始め方と終わり方【玉止めなし】

スタートと糸始末

こんにちは、刺繍作家のマユコです。

刺繍の始め方と終わり方は、
ずいぶん前に解説をしていますが…
【刺繍】ステッチの始め方【玉結びはしないよ!】
【糸の終わり方】刺繍の糸始末の方法【玉止めしないよ!】

ストレートステッチを筆頭に、
刺繍を少しだけ刺したい時って、
刺しあとが少なすぎて!
糸処理これであってるのかな?って不安になったりしますよね。


今日は一本のストレートステッチを例にとって、
少しだけ刺したときの糸処理の方法をご紹介しますね。

ストレートステッチって何ぞや?という方はこちら
【初心者】ストレートステッチって何!?【説明しよう】



それではスタート!



捨て糸は長めにとっておこう!

刺繍の最初の処理は捨て糸でしていきますが
(詳しい方法はこちら→【刺繍】ステッチの始め方【玉結びはしないよ!】
刺す箇所が少ないときは糸を長めに残しておきましょう。

あとあととても重要になってきます!



捨て糸できたらそのままストレートステッチをして…


ハイ!ストレートステッチがひとつできました。



裏の処理はちょっと厳重に

さぁ、では裏の処理をしていきましょう。
やり方の基本はこちらと同じなのですが、
【糸の終わり方】刺繍の糸始末の方法【玉止めしないよ!】
刺し跡が少なくて、通すだけでは取れてしまいそうですね。

そんなときは…

わずかな刺し跡に糸を何度もからめてしまいます。
2~3回で大丈夫。


こんな感じで数回絡めて切ってください~

このときギリギリで切るとほどけてしまうことがあります。
5mmくらい残して切ってね!

捨て糸の裏処理

最初の長めに残した捨て糸もまだ残っていますね。

これも引いて裏に出しておきます。



ハイ。糸長いね。

刺し跡が少なすぎるために、
最初の捨て糸もまだどこにも絡まっておらず、
このまま切ってしまうとほどける可能性アリ。



なので、この長く残しておいた捨て糸に針を通し、
さっきの糸処理と同じように、
刺し跡に再度2~3回絡めます。

刺し跡にはいくつも糸が絡まっている状態ですが、
この場合は仕方なし。
負担をかけてごめんよ…


2~3回絡めたら切ってしまってok。
これもさっきと同じくギリギリではなく5mmくらい残してね!

もう糸ぐるんぐるんですが、
これでも玉止めと玉むずびをするよりは裏はスッキリするし、
ほどけません。

これで糸処理はおしまいです!


おわりに


いかがでしたか?

ちょっとだけ刺したときって、
いつもよりもほどけるか不安になるものですが…

この方法、ぜひ試してみてください!




タイトルとURLをコピーしました