チェーンステッチで面を埋めてみよう!【やり方】

フランス刺繍のステッチ

こんにちは、刺繍作家のマユコです。

このところチェーンステッチで面を埋める刺しゅうが流行中ですね!

大人気の樋口愉美子さんの図案に多用されるこの刺し方、
やってみるとうまく隙間が埋まらなかったり、
なんとなくチェーンがふわふわしてしまったり…

なかなか難しいです。

今日は、図案の中をチェーンで埋める順番や、
きれいに埋めるコツなんかをお伝えしていきます!

それではスタート♡




チェーンステッチの刺し方解説はこちら!
【基礎】簡単!チェーンステッチのやり方①刺し始め【樋口愉美子さんの図案に頻出】
【基礎】簡単!チェーンステッチのやり方②二針目から最後の処理まで【樋口愉美子さんの図案に頻出】





刺す順番はこう!

それではこちらの葉っぱの図案を参考に、
面を埋めてみましょう!



刺すときは真ん中からではなく、
周囲から埋めていきます。
ということで、まずは周囲を一周!

カクっと角を曲がりたいときは、
こちらの角の曲がり方の記事を参考に刺してみてください!




一周目ができました!




刺す方向もポイントの一つ!

輪郭がさせたらそのまま中に入っていきます。
一周目に沿うように二周目を刺していきます。

このとき、
一周目と逆の方向にまわるとうまくチェーンが収まるような気がします。
私は一周目は時計回りで刺したので、
二周目は反時計回りで刺していきます。


なるべく一周目と隙間があかないように、
チェーンの引きはすこし強めが良いと思います。
ふわっとした刺し方だとあまりきれいに埋まりません~




二周目ができました!



隙間がちいさくなってきたら


三周目はまた二周目と逆、
一周目とおなじ方向で刺していきます。

だいぶ隙間が狭まってきました。
もう角の部分を曲がりながら四周目を刺すのは大変そうですね。

角が曲がり切れなくなってきたら…



残った部分を埋めていきましょう。
とりあえず中心を直線方向に刺していきます。


中心に一本チェーンを入れてみました。
この図案はこれで大丈夫そうですね。

もし中心に一本チェーンを入れてまだ隙間がある場合は、
チェーンができるときは空いたところにチェーンをつけ足していきます。


チェーンがはいらないほどわずかに隙間があいてしまった場合、
ストレートステッチなんかを一針ちょっと足して

隙間を埋めましょう。



糸を裏に収めて完成です!



おわりに

いかがでしたか?

今回は単純な葉っぱの図案でしたが、
動物のような複雑な形でも手順は同じです。

周囲から中に向かってぐるぐる刺して、
隙間がちいさくなったら中央にチェーンを一本。
場合によっては二本でもいいかも。
最後に小さな隙間をうめて完成です。

ぜひ刺してみてくださいね!



もしチェーンで困ったことがあったらこちらを見てみてください!


数針刺し直したい!というときのほどき方↓
【ほどき方】チェーンステッチをやり直したいときは

間があいちゃう、チェーンがつぶれちゃうときはこちら↓
【コツ】チェーンステッチが何か変!【きれいにできないときは】

チェーンがねじれてしまう!というときはこちら↓
【刺しゅう】チェーンステッチがねじれる理由とは【初心者】

タイトルとURLをコピーしました