【基礎】簡単!チェーンステッチのやり方①刺し始め【樋口愉美子さんの図案に頻出】

刺繍

こんにちは、刺繍作家のマユコです。

今日はチェーンステッチのご紹介です!
今大人気の樋口愉美子さんの図案に頻出のチェーンステッチ。
チェーンステッチがないと彼女の刺繍は完成しないといっても過言ではないかもしれません。
樋口さんの図案で初めてチェーンステッチを刺すっていう方も多いかな??

基礎的なステッチですが、細かいポイントがたくさんあります。
ポイントがたくさんありすぎて一記事じゃ終わりませんでした。。。
(写真を11枚以上UPしようとするとエラーになります)
めちゃくちゃ!丁寧に!やり方を説明してあります。
一緒にがんばりましょう!

それではスタート!



チェーンステッチってどんなもの?

完成形はこんな感じになります!
しずくが連なった、チェーンのような形になるのが特徴。
しずくひとつひとつが同じような形に揃えるのがコツです♪

さて、では刺し方いってみよ~


・ステッチを始める前に、刺繍のスタートの仕方がよくわからないという方は、
こちらの記事を参考にしてくださいね!
「【刺繍】ステッチの始め方【玉結びはしないよ!】」


チェーンステッチの刺し方①

チェーンステッチは下から上に向かって刺したほうがわかりやすいので、
写真の方向になるように生地を持ってくださいね!

まず、図案の一番下のところから針を出します。




針を出したら、
糸を左に置き、指で押さえておいてください!!!
ここ超ポイントです。これやらないと変な仕上がりになるよ!



糸を左に押さえたまま、
最初に糸を出したところと同じ穴に針を入れます。

これもズレたらうまくいかないので、よく見てくださいね!
見にくい方は最初はルーペ(ハズキルーペが便利)を使ってね!



針を入れたら針を抜かず、
そのまま2~3ミリ先に針を出します。




ここで左にとっておいた糸を針にかけていきます。
左から右にくるんと!



そのまま針を抜いていいきます~

しずくが一個できました!

針を引き抜くときに糸を引きすぎると、
しずく形にならず線のようになってしまう
ので、
写真のようなしずくの形になったところで引くのを止めてね!

続きUPしました!
ここまで出来たらこちらへどうぞ~
【基礎】簡単!チェーンステッチのやり方②二針目から最後の処理まで【樋口愉美子さんの図案に頻出】

おわりに

まずはひとつめのチェーンが刺せたかな?

ポイントは、

糸を左に置いておく
・スタートで出したところと同じ穴に針を入れる
・糸は引きすぎない

最初の一つだけでもこんなにポイントがあるのよね~
ここに気を付けてもらって、
続きを刺してみましょうね!











タイトルとURLをコピーしました