【初心者】バックステッチをしてみよう!【刺繍の縫い方 基本】

刺繍

こんにちは、刺繍作家のマユコです。

刺繍ではとってもよく使うバックステッチ。
刺繍をはじめていちばん最初に習うステッチになるかもしれません。
今日ははじめてバックステッチをする方へ向けて、
丁寧にやり方を説明していきたいと思います。

それではスタート!



バックステッチとは

完成はこんな感じになります。
一定の太さで線を表現するステッチで、
繊細な雰囲気もぽってりとした雰囲気もどちらも得意なステッチです。

刺繍では最も基本的なステッチの一つです。


バックステッチの方法

一本線をバックステッチで刺繍してみましょう!
バックステッチは右から左へ進むステッチです。

ステッチのはじめとおわりはこちらで詳しく説明していますので、
最初と最後どうやるのかな~って方はご参照ください!
ステッチのはじめ→【刺繍】ステッチの始め方【玉結びはしないよ!】
ステッチのおわり→【糸の終わり方】刺繍の糸始末の方法【玉止めしないよ!】


ではバックステッチをスタートします!
今回は私は刺繍糸三本取りで刺していきますが、何本でもやり方は同じです。
バックステッチは右から左に向かって刺していくステッチですので、
右側寄りに捨て糸をして刺す準備をしておきます。

捨て糸についてはステッチの始め方で説明しています~
【刺繍】ステッチの始め方【玉結びはしないよ!】


最初に右端から3ミリほど先の部分に針を出します。
一番右端から針を出すのではない
ので注意!



針を出したら、一番右端の部分に針を入れます。


ひと針できましたね。
再び、今糸があるところよりも3ミリほど先から針を出します。


ひと針目で刺した糸のキワに針を入れます。
ここで糸と針の間に隙間があかないように、
しっかりひと針目とつなげます。

ここで隙間があると、ステッチが線ではなく点状になってしまうので注意です。


ふた針目ができました。
この工程を繰り返していきます。
このように、少し先から針を出して戻る刺し方なのでバックステッチという名前なんですね~

さて、いまの要領で直線を作っていきましょう。


直線が一本できました。


横から見るとこんなかんじ。
糸はぎゅっと引くのではなく、すこしふわっとするくらいがちょうどいいです。
生地が引き連れているようならもう少し緩く刺してみましょう。
糸を縫うのではなく、糸を置くようなイメージで刺してみましょう。



バックステッチの裏側

さっき刺したものを裏返してみましょう。
こんなふうになってたらOK!

裏はきれいに揃っている必要はありませんが、
糸が絡まっていたりしたらぼこぼこしてあまり良くないので、
時々裏が変になっていないか確認しながら刺し進めていきましょう。


おわりに

いかがでしたか?

刺繍でとってもよく使うバックステッチ。
コツはふわっと刺すことです。
糸の加減をつかむととってもきれいに刺すことができます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!



コメント

  1. […] こんにちは、刺繍作家のマユコです。刺繍のバックステッチって、小学生のときに家庭科の授業で習った「本返し縫い」にとっても似ていますよね。刺繍ではじめてバックステッチを刺すときに、「アレ?」「なんかこれやったことあるような…」って思った方もいらっしゃると思います。今日はバックステッチと本返し縫いの共通点と違いをそれぞれ解剖していきたいと思います。違いを理解することでバックステッチがより美しく刺せるようになりますよ!バックステッチってどういうの?という方はこちら!【初心者】バックステッチをしてみよう!【刺繍の縫い方 基本】 […]

タイトルとURLをコピーしました